about-termite01_title

1.シロアリは、ゴキブリの仲間なんです!

about-termite01_parts01シロアリは「白い蟻」と思っていませんか。実は「ゴキブリ」の仲間なんです。蟻はハチ目の昆虫で、翅を持たない社会性のハチであるのに対し、シロアリは朽 木などの植物遺体を食べるゴキブリの中から社会性を著しく発達させた昆虫でです。また、不完全変態のため、幼虫は成虫とほぼ同じ姿なのです。そして、ある 程度成長すればニンフという段階を経て生殖虫(いわゆる羽アリで成虫に該当する)となって巣外へ出て行いきます。この生殖虫の翅は細長くて柔らかく、4枚 がほぼ同じ大きさをしていることから「等翅類」といい、この翅は折り重なるように畳んで背中に平らに寝かせることができます。ただし飛行後間もなく根元で 切れて脱落するのが特長。種によって異なりますが、それ以外の兵蟻や職蟻は終世翅を持ちません。 触角は数珠状で口器は咀嚼型。頭部、胸部、腹部それぞれに間にはくびれがありません。腹部は膨らんで柔らかく、日本産のものは巣内にとどまるので白っぽ く、足が短く不活発なものが多いのですが、熱帯のキノコシロアリ類や餌を野外に探しに行くシュウカクシロアリ科の種類では、7mほどの穴を掘り水脈を探 し、体色が白ではなく茶褐色や黒っぽいものもいます。それらは手足も長く活発な種も多いようです。 シロアリが倒木や死んだ植物を好むのは、木の幹に豊富に含まれる「セルロース」を摂取し栄養としているためなのです。  

2.シロアリは、コロニー(巣)を形成し、数万匹から百万匹で活動しています。

about-termite01_parts02シロアリは、コロニー(巣)を形成し、ヤマトシロアリでは数万匹、イエシロアリで約百万匹で活動しています。イエシロアリのコロニーは、土中に塊状の巣(本巣)を造り、そこから蟻道を伸ばして途中に分巣を造ります。その範囲は最大半径数百mにもなります。この本巣を駆除しなければ意味がありません。しかし、駆除は容易ではありません。 コロニーには女王アリ・王アリを頂点としたピラミッド構造の社会を構成し、それぞれの役割を分担して生活しています。 シロアリの社会は女王アリ・王アリ、ニンフ、兵アリ、職アリの4つの階級で社会性を構成しています。女王アリは寿命十数年の間、毎日数百もの卵を産み続けます。 女王・王は産卵に専念する以外に仕事は一切しません。

3.シロアリは微生物と共存しています。

シロアリは主に木材を食べています。木材には主にセルロースという成分が含まれているので好んで木材類を目がけて家屋に進入してきます。実は、シロアリはセルロースを分解する能力が低く、消化管内の共生微生物の助け借りてセルロース分解しています。

4.シロアリはこんな場所を好んでます。

P10102301-640x480床下や庭に木材を置かないように注意してください。また紙は、木材からシロアリの栄養分であるセルロースを抽出して作られているので大好物です。 段ボールなどの処分はきちんと行いましょう。シロアリは目が退化しているため、音に敏感です。さらに、皮膚が非常に薄く乾燥しやすいので、光・風・熱は天敵。そのため、湿気があり暗くて空気の流れがないところを活動域にしています。 地表面に出てくることはなく人の目に触れることがほぼありません。だから被害にあっていても気づかな事が多いのです。  

5.シロアリは生態系上必要な生物!

シロアリは地球上で最も数の多い昆虫と言われています。自然界ではシロアリがいなければ生態系が成り立たないほど重要な役目を担っています。 森林の生態系においては枯れ木や落ち葉などを分解し、土に還すという重要な役割を担っているのがシロアリなんです。