全国平均以下の再発率

シロアリ被害の再発は5年間(通常)の保証期間を過ぎるとシロアリ被害が発生する確率が高くなります。その理由は散布する薬剤の効果期間が5年間で効力を失うためです。「シロアリ被害実態調査報告書(国土交通省)」によると保証期間を過ぎると翌年から被害が発生し、10年で20%、16年で30%近くになると報告されています。

また、5年未満での再発事例もあり全国平均では1%と低い数値ですが、わずか1%の被害に遭われた方の中には保証を受けられない方もおられるのが事実です。また、保険適用にかかわる条件を無視し保険会社の調査によって適用除外された方もいらっしゃいます。弊社でも施工後、5年未満のシロアリ再発の事例はありますが、全国平均以下の0.3%に留めております。だからこそ、弊社では損保会社と直接契約が実現できお客様への対応も素早く、保証も100%受けられます。