樹脂補強剤「タフロン」と特殊強化繊維「アラミド繊維シート」を併用、複合的に用いる事で基礎を丈夫に補修・補強!

コンクリート構造物の補修・補強 連続繊維補修・補強工法

もともと樹脂と強化繊維は大変相性がよく、両者は強力に一体化することができます。 樹脂が本来持っている接着力に、鉄の数倍の引張り強度を持っている強化繊維を併用するとき、2つの異なる素材は互いに連携して一体化し、相乗効果を発揮して、被覆された構造物の体力を格段にアップさせます。 このような優れた工法である連続繊維補修・補強工法は、橋脚や高速道路などの公共工事にも数多く用いられています。

平成28年熊本地震後の基礎部分のコンクリートクラック被害

熊本地震による基礎コンクリートのクラック被害

強固なはずのコンクリート、でも100年建造物がないのはナゼ?

基礎のコンクリート劣化

コンクリートの劣化は様々な要因によって引き起こされますが、最も主要な要因とされるのがコンクリートの「中性化」による劣化です。 コンクリートは打設直後は強いアルカリ性です。このアルカリの性質により、コンクリート中の鉄筋は腐食から守られています。 ところが、車の排気ガスや酸性雨、さらに潮風による塩害によって、コンクリートは表面から中心部に向かって「中性化」が徐々に進行していきます。 この「中性化」の進行がコンクリート中心の鉄筋にまで到達すると、それまでアルカリによって腐食から守られていた鉄筋が急激に腐食し、腐食による膨張によってコンクリートは内部から崩壊に向かうのです。 コンクリートの「寿命」というのは「中性化」が中心部分にまで及ぶ年数といわれています。それは30年~40年と考えられています。

コンクリート構造物の補強材「アラミド繊維シート」を使っています!

コンクリート構造物の補修・補強施工事例

高強度で軽量なアラミド繊維を、一方向あるいは二方向に編んだシートです。 樹脂を含浸させながら、コンクリートの表面にシートを貼り付けることにより、コンクリート構造物を補強・補修することができます。アラミド繊維シートは高強度・軽量、高耐久性、衝撃吸収性、非導電・非磁性、電波透過性などに優れて性能を持ち特殊樹脂タフロンと合わせて使用することでコンクリート構造物を補修・補強することができます。

基礎補強「連続繊維補修・補強工法」施工手順

連続繊維補修・補強工法工法手順
床下調査は、お気軽にニッショウ化学へお問合せください!